個人のトラブルにも

私達は日常において、それを個人が意識してもしなくても、より様々な選択を迫られています。私達はいつどんな場合も良い結果を招く選択が出来れば良いのですが、実際のところ、それは難しいと言わざるを得ません。その自分が行った洗濯に対して、自分自身で責任を取らなければならなくなることも、決して珍しくありません。私達はいつも正しい選択ができるというわけではないからこそ、もし間違った選択をしてしまったときに頼ることができる相手が必要です。それが弁護士なのです。例えば借金の問題に関して、弁護士に相談することができます。多額の借金を抱えてしまった際、その借金を少しでも減らすために、任意整理や自己破産といった手続きが必要となる場合があります。そういった場合に、私達個人でも対応出来ないこともありませんが、もし顧問弁護士がいれば、どういった対応を行えば良いのか、またどういったリスクがあるか、という点などをすぐに把握することができます。その面において私達が弁護士に頼ることでのメリットは、確実にあるのです。

個人または会社という単位においてもトラブルに見舞われやすいこの時代、私達はすぐにそれらに対処できるような、準備を行っておきたいですね。

法的トラブルに対応

私達が普段どのようなトラブルに見舞われるとしても、その解決に専門性が必要な場面はほとんどありません。通常は私達が有している知識で対応出来るようなトラブルばかりです。しかし、法律における専門性が必要とされる弁護士に関しては、その仕事における『プロ』という意味合いが、より高くなっているといえます。といっても、実際にどのようなケースにおいて弁護士が必要とされるのでしょうか。例えば、会社における、法的なトラブルに対応するために、弁護士が必要とされています。会社は様々なつながりをもっているからこそ、仕事を行うことができます。しかし、そのつながりがいつも良い方向に働くわけではありません。時にそのつながりが、トラブルを生み出すことがあります。例えば取引先と、トラブルになった場合、そしてその問題が深刻化した場合、弁護士の力を必要とするかもしれません。また顧客とのトラブルにおいて、その仲介を行うことによって、損失を避けられるかもしれません。

最近では、多くの企業が『法務部』という部署を設置し、そういった法的なトラブルにすぐに対応出来る準備を行っています。私達個人としても、そういった働きをする顧問弁護士に頼ることができます。

参考サイト > http://www.adire.biz/counsel-lp/

弁護士と顧問弁護士

一般的に、私達が知っている『弁護士』は、なんとなく法律のプロ、という感じがするかもしれませんが、その認識は間違っていません。といっても、弁護士は全ての法律を丸暗記しているわけではありません。また、様々な判例を事細かに全て把握しなければならないわけでもありません。どちらかというと、弁護士には個人が持つスキルが必要となります。今現在施行されている法律が、その案件にどのように適応できるか、という能力が必要なのです。ですから、単に六法全書を記憶していればできる、ということではありません。実際に弁護士になりたいと思っていても、弁護士になるためには非常に多くの勉強を必要としますし、また高い倍率をくぐり抜けて試験に合格しなければなりません。まさにそれを越えてプロになった人こそ、私達が頼ることのできる弁護士、と言えます。

では、弁護士と『顧問』と言う文字が付帯されている弁護士、これにはどのような違いがあるのでしょうか。一般的に言えば、これにはほぼ違いはありません。ただ異なっているのが、ある個人や会社などの一対象の、専属の弁護士になっているかどうか、という点です。もしそれに該当するのであれば、顧問弁護士として働いていることになります。

顧問弁護士を雇う理由

『専門性』が求められる分野というのは、非常に多くあります。私達もある事柄に関してある程度の知識は持っているものの、実際にそれらに関する仕事を行ったり、専門的な知識を必要とする作業を行ったりすることは難しいでしょう。そういったときのために、いわゆる『プロ』や『エキスパート』と呼ばれる人たちが必要とされているのです。きっとあなたも、あなた自身を必要とする職場で働いておられることでしょう。さて、私達はそういう意味で何らかの分野に関してプロであるわけですが、その道に通じるためにはどの分野も同じ努力が必要、というわけではありません。より難しい分野には、それなりの覚悟が必要となり、その分多くの人に必要とされる仕事を行うことができます。その分野には、どういった分野があるのでしょうか。

その一つが、『弁護士』という仕事です。皆さんは弁護士がどのような仕事を行っているか分かるでしょうか。ドラマなどでよく見るような、あのような活発的な弁護士はそういないかもしれません。私達は、どれだけ法律に関心を持っていても、浅い部分しか理解していないかもしれませんし、実際に法的なトラブルが発生したとき、自分でそれらを解決する能力もないかもしれません。弁護士はある意味でサービス業のようなものですので、より私達市民の身近な存在である、と言うことができます。では、弁護士と、『顧問弁護士』、これら二つにはどのような違いがあるのでしょうか。