顧問弁護士を雇う理由

『専門性』が求められる分野というのは、非常に多くあります。私達もある事柄に関してある程度の知識は持っているものの、実際にそれらに関する仕事を行ったり、専門的な知識を必要とする作業を行ったりすることは難しいでしょう。そういったときのために、いわゆる『プロ』や『エキスパート』と呼ばれる人たちが必要とされているのです。きっとあなたも、あなた自身を必要とする職場で働いておられることでしょう。さて、私達はそういう意味で何らかの分野に関してプロであるわけですが、その道に通じるためにはどの分野も同じ努力が必要、というわけではありません。より難しい分野には、それなりの覚悟が必要となり、その分多くの人に必要とされる仕事を行うことができます。その分野には、どういった分野があるのでしょうか。

その一つが、『弁護士』という仕事です。皆さんは弁護士がどのような仕事を行っているか分かるでしょうか。ドラマなどでよく見るような、あのような活発的な弁護士はそういないかもしれません。私達は、どれだけ法律に関心を持っていても、浅い部分しか理解していないかもしれませんし、実際に法的なトラブルが発生したとき、自分でそれらを解決する能力もないかもしれません。弁護士はある意味でサービス業のようなものですので、より私達市民の身近な存在である、と言うことができます。では、弁護士と、『顧問弁護士』、これら二つにはどのような違いがあるのでしょうか。